大ピラミッド王の間の誘導瞑想 エジプト旅行 - パワースポット - チャネリング

1993年2月8日にエジプトの地を訪れていたわたしの古い知り合いは前日の2月7日に続き二日連続の貸切入場でギザの大ピラミッド内を訪れていました。

この日早朝の時間帯にクフ王の大ピラミッド内を訪れた当時のツアーグループはこの日はすべての時間を王の間で過ごしています。


王の間では前日と同様メンバー全員で輪になって瞑想が行われ、またこの日の最後にはチャネリング状態のリサ・ロイヤルの導きで世界平和の祈りを捧げる誘導瞑想も行われました。
この瞑想の際にはリサ・ロイヤルがグループの輪の中心にクリスタルを持って座り、全員でクリスタルに意識を集中させてピラミッドのエネルギーを地球の集合意識に伝達していくというエネルギーワークが行われました。

そしてその際集合意識ジャーメインから地球上の七つのチャクラに相当する場所について語られていて、第一チャクラのベースチャクラが中近東、第二チャクラがブラジル、第三チャクラが中央アフリカ、第四チャクラのハート・チャクラがハワイ、第五チャクラがカリフォルニアのシャスタ山周辺、第六チャクラがヒマラヤのチベット周辺、第七チャクラのクラウンチャクラが日本(富士山)であると語られていて、地球上のこの七つの地点に向けてグループの意識が第一チャクラから順番にそれぞれのチャクラを象徴する色ごとに赤色のエネルギーから、オレンジ、黄色、緑、青、青紫、紫と第七チャクラまで順番にフォーカスされていきました。


この時期のエジプトツアーの最初にカイロ市内であったリサ・ロイヤルのチャネリングにはツアーグループのメンバーが大ピラミッド内を訪れた際、大ピラミッド上空にきているエササニのバシャール達がメンバーが大ピラミッド内で行うエネルギーワークの援助してくれるといったことが語られていて、このツアーグループが王の間で輪になって世界平和の祈りを捧げていた誘導瞑想の時間帯は上空のバシャール達が最も強く働きかけていた時間帯であったと思われます。


またこの日のチャネリングによる質疑応答では、瞑想中にメンバー全員で行っていたトーニングの音についてのチャネリング情報もありました。(以下当時のジャーメインからのチャネリング情報より)

『トーニングを行うとあなた方の肉体の内部と外部がとても強いエネルギーを受けます、エネルギーが注入された状態になるのです。トーニング、音を出すことによってあなたのエネルギーの波動が変化してきます。そしてこうしたピラミッドのような場所では波動がより加速の状態になります。

エネルギーの波動がどんどん加速されていくと次元を隔てている壁がより薄くなっていきます。そして皆さんの感覚が増幅されていきます。あなた方が通常聞けないような音が聞けるようになってくることがあり、あるいは通常見ることが出来ないようなものを見ることが出来るようになったりします。また通常嗅ぐことの出来ない匂いを嗅いだり、感じることの出来ないものを感じたりします。

またこうしたピラミッドの中でトーニングをして意識の波動が高まってくると皆さんの本来の存在により近い状態になっていきます。あなたが経験したのはそういったエネルギーの加速状態、したがって熱を経験しました。そして感覚がより増幅されたために普段感じることの出来ないものを感じました、そして次元を隔てている境界線が薄くなっていくという経験もしました。

こうした経験を再び繰り返すこともできます。トーニング、音を出すという先ほどのようなことを行うことによって繰り返すことができます。あなた方はピラミッドの中で経験をしました、ですからこれからトーニングをすることによってそうした経験を再び再現することが出来ます。日常生活を営む中で自分の浄化をするためにトーニングを行うことも可能です。

先ほどのトーニングを録音した方がいると思いますが、それを再生して聞くとあたかもあなたの肉体はクリスタルが振動するようにその音に反応を示すでしょう、とてもパワフルです。』(エジプト、カイロ、ギザの大ピラミッド 王の間にて 1993.2.8)


エジプト,ギザの大ピラミッド(グレート・ピラミッド) 王の間 撮影1996.1

#大ピラミッド貸切 #誘導瞑想 #トーニング #集合意識 #パワースポット #エジプト旅行 #ギザのピラミッド #エジプト #王の間

人気の投稿