スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ウエサク祭の満月、仏陀の祝福の光が降臨する夜 × ヒマラヤに出現する仏陀のヴィジョン

昨日五月七日の満月の夜は年に一度のウエサク祭でした。
ウエサク祭については以下のように紹介されいているものが多いようです。


『ウエサク祭(五月満月祭)は、釈迦(ブッダ)の誕生した日、大悟した日、入滅の日がすべてインド暦の第2月ヴィシャカ月の満月の夜であったという伝承により、アジア各地(チベット、タイ、ミャンマー、スリランカなど)で行われる祭りです。』

『この日仏教徒はブッダの聖誕祭を祝います。ヴェーダにおいては仏陀はヴィシュヌの化身とされるためヴィシュヌのヤジニャを行います。日本ではヴィシャカ(Vishakha)のことをウエサク(Wesaku)と発音し知られています。』

『5月の満月の日、ヒマラヤにあるカイラス山の麓にあるウエサク渓谷(中国・チベット)では、天界と地上の間に通路が開け、ひときわ強いエネルギーが降り注ぐ。伝承ではこの満月の夜、ウエサク渓谷にはブッダが天上界から降臨し、祭に臨席されると言われている。』





昨晩、日付はもう八日に入っていましたが、深夜の午前二時前、夜空に輝く満月の周囲に、とても美しい日輪がかかっていました。これは霊的にも吉兆であると言われているそうで、何かの特別な法要などが行われた際に美しい日輪が出現したという話を聞いたこともあります。


深夜はわたしの彼と二人で瞑想していました。瞑想を始めてしばらくの沈黙の後、彼から「今のこの部屋を満たしている存在のエネルギーが誰なのかわかっている?」と聞かれ、瞬間的に「ブッダだよ」と答えていました。わたし自身はウエサク祭のことは完全に忘れてしまっていたのですが、偶然にも瞑想を始めてすぐ二人同時に仏陀の臨在を感じ始めていたのです。


それから彼に「今夜は年に一度の特別な満月で、仏陀の祝福の光が降臨すると言われている日なんだよ・・・。」と言われたのです。


また彼は「今この部屋を包んでいる仏陀の臨在のエネルギーは、去年末の南インド滞在中にラーマリンガ・スワミの臨在と接触したときに感じられたエネルギー以来の大きな祝福だね・・・」とも語っていました。



その後再び沈黙に入り、瞑想を続けました。

・・・とても静かな夜でした。


花々がシンシンと降り注いでいるかのような芳しい仏陀の臨在が放つ光輝のエネルギーに包まれ、また仏陀を敬愛する世界中の人々により平和が祈られているのを感じました。


そしてこの記事を書いている今のこの瞬間…

最新の投稿

ラーマリンガ・スワミとアショーカ王の秘教グループ クートフーミ - シッディ・ワラガ寺院

聖地アルナーチャラのカルティガイ ディーパム祭 2019 ティルヴァンナーマライより

マイトレーヤ意識、弥勒菩薩 - バシャール - OSHO - アルナーチャラ (7/28追記)

バシャール×最近の私 エササニ - オリオン - シリウス - 次元上昇

新しい時代にむけて~Tokyo Independent 2019 - 東京インディペンデント

世界を救う200人の覚者達 OSHO - 瞑想 - プネー - ベナレス - アルナーチャラ

最近私が考えていること 碧いプラネタリウム - ポエム - ファンタージェン - 愛と夢

龍村仁さん監督作品『宇宙からの贈りもの~ボイジャー航海者たち』(1992)

最近わたしが感じていること 十字の出現 - 存在 - エメラルドタブレット - あなたは誰?

バシャールからの連絡状 ごきげんよう、さようなら~☆...*^π