スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

ギザの大ピラミッド貸切とピラミッド内での出来事

初めてギザのピラミッドに入ってから25年が経とうとしています。

人生はあっという間ですね。



当時、大ピラミッドの貸切も日本ではほとんど知られていませんでしたが、全世界的にはもう少し身近なものだったように思います。私が貸切をした時でも予約が重なってしまったこともあって、聞いた話では月の半分以上が予約で埋まっていたそうです。





最初の旅行ではロンドン経由で行ったのですが、エジプトは遠いですよね。

パリ経由でも行きましたし、アブダビ経由、カタール経由、シンガポール経由でも行きました。



エジプト航空の直行便は乗り継ぎがなく楽なので、次回はエジプト航空で訪れてみようとも考えています、でもエティハドもいいですね。



クフ王の大ピラミッドに入っているとき、突然どこかのグループが儀式を始めることがよくありました。欧米人のグループやロシアの人グループ、南米系の人達のグループもいました。それを座って見ていたものです。わたしも彼らの儀式に参加するときもありました。全く見ず知らずの人たちが集まって、瞑想が始まるということも度々ありました。そういうエネルギーがあったのだと思います。自然と調和してしまう、力を合わせてしまう、誰にも止められないようなエネルギーが王の間に満ちていたのかもしれません。



色んな宗教、人種を超えて祈りが捧げられていたように思います、とても大切な思い出となっています。



最近ではピラミッド内の撮影が難しくなっているという話も聞きますが、それは2011年にピラミッド貸切の申請をしたスピリチュアル系のグループの怪しげな行動が原因だったという話も聞きます。

元々貸切入場の場合、瞑想などの目的であってもビデオカメラ&フォトグラフィーという撮影用の特別チケットで入場していました。特別なお金を払うのですから内部の撮影はできて当然ですね。



最近の若いツアーガイド達は知らないのかもしれませんが、普通の入場券でも以前はカメラチケットを別に購入すればピラミッド内を撮影できていたのですよ。





王の間の石棺の近くにあった花崗岩の岩のブロック、90年代の修復以降は無くなり今はもうありません。その石の経緯も何となくわかります。外された岩のブロックの場所には元々鉄柵があったのですがその部分がコンクリートでふさがれていました、嘆かわしいことですね。

花崗岩のブロックが写っている写真をお持ちの方もたくさんおられ…

最新の投稿

パワースポット富士山の役割 チャネリング - ジャーメイン - リサ・ロイヤル

古代の日本とET文明の関わり チャネリング - アンドロメダ - アマテラス - 天照大神

古代の日本とET文明の関わり チャネリング - ジャーメイン - リサ・ロイヤル

エジプト、ギザの記録の間 大スフィンクス - アトランティス - ビミニ - 一者の法

HELLO!!! バシャール オリオン - エササニ - 三ツ星 - アストラルトリップ

インドの聖者たち アルナーチャラ山 - パラーニ山 - ヴォルテックス - レムリア

聖なる地にて バリ島 - ブサキ寺院 - ティルヴァンナーマライ - アルナーチャラ

TIME HAS COME 最近わたしが感じていること キリスト意識 - 神性の降臨

ケビン・ライアーソンのチャネリングビデオ アトゥン・レイ - レムリア人

大ピラミッド王の間の誘導瞑想 エジプト旅行 - パワースポット - チャネリング